Via:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/blog/1395332889/
■ざっくりまとめると

Ronald Rogge氏は、結婚後3年以内の夫婦を対象に『風と共に去りぬ』(1939年)をはじめとする恋愛映画を月に5本みてもらい、その内容について話してもらうという実験をおこないました。

するとその結果、一般的な離婚率の半分まで、実験に参加した夫婦の離婚率は低下したんです。

恋愛映画をみて話し合うということが、現実に今起こっている二人の問題や今後起こるであろう二人の問題をどうやって解決したらいいかを考える機会になるわけです。

↓↓ブラックOK・激甘審査・匿名審査の決定版↓↓

※こちらは相談サイトです


夫婦で「恋愛映画」をみると離婚しない? ビックリ実験結果。恋愛映画を夫婦でみると「離婚率が下がる」と米国の心理学者が語っている。夫婦に月に5本の恋愛映画をみてもらい、感想について話し合う実験で検証。結果、一般的な離婚率の半分まで、夫婦の離婚率は低下したとのこと・・マジですか!
「人は必ず考え方が偏る」ということを覚えておくと離婚率が下がる。
「人は必ず考え方が偏る」ということを覚えておくと離婚率が下がる。
夜のお店に内緒で
働いてた人の結婚率下がるな
離婚率も
【統計学】夫から一目惚れした場合の離婚率は20%。妻から一目惚れした場合は10%以下。一目惚れで結婚すると離婚率は下がる。
「人は必ず考え方が偏る」ということを覚えておくと離婚率が下がる。

Twitterニュース

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1日1クリック投票 よろしければご協力お願いします!
↓目指せランキング1位!
ベストグラム人気ブログランキング
管理人おすすめサイト↓

カテゴリ「恋愛・男女関係」の最新記事

ランダムおすすめ記事